牡蠣で有名な海沿いの町、Cancale(カンカル)をお散歩

以前から、フランスにいた頃に撮った写真をまとめておきたいという想いがあり…。

膨大な数の写真をほうっておくのはもったいなくて、あれこれ語っておきたくて…(笑)

読んでくださった皆さんがお散歩しているような気分になれるようなページにしたいです。

 

写真は少し古いのですが、できる限り調べながら記事を仕上げていきたいと思います。

 

海が見たくなると、カンカル(Cancale)に行っていました。

寒くて長い、フランスの冬を乗り越えて暖かくなると、いつも海が見たくなっていました。

私が住んでいた街から車で約1時間…。

ブルターニュのCancale(カンカル)と言う町が大好きでした。

フランス人がバカンスで来る、リゾート地でもなんです。

他の町ならお店も閉まって寂しくなる日曜日でも、このカンカルの町は大賑わいでした。

普通の土日でもとっても優雅にフランスのバカンス気分が味わえる、とっても楽しい場所なんです。

f:id:nabekosaan:20190305124121j:plain

 

Cancale(カンカル)は、フランスの北西部、ブルターニュ地方の北部にあり、お天気のいい日は海越しにイギリスも見えるのです。

逆にお天気の悪い、寒い日は、気温は氷点下となり、強い風が吹くのです。

 

カンカルの街の中心部には、大きな教会があります。

L’église Saint-Méen de Cancale(サンメアン教会)

f:id:nabekosaan:20190305124123j:plain

 

 漁師さんたちの無事を祈って…。

f:id:nabekosaan:20190305124129j:plain

海に面している町らしい、カンカルの教会。

 

どの教会へ行っても暗いところが多いのですが、ここはとっても明るいのです。

f:id:nabekosaan:20190305124135j:plain

自然の光がたっぷり差し込み、長く寒かったブルターニュの冬を乗り越えたことと、春の訪れを教えてくれました。

 

海を見ながら大きな牡蠣を食べるのです

実は私、若い頃は関西国際空港で働いていました。

毎日、関空連絡橋を渡って海を見ながら通勤するのが楽しみで…。

f:id:nabekosaan:20190305124138j:plain

特に、春の陽射しに照らされて、キラキラした海が大好きなんです。

今もですが、春になったら海を見に関西空港へ行っています。

 

そんな大好きな海を見ながら、大きな牡蠣を食べるのが美味しいんです!

f:id:nabekosaan:20190306072448j:plain

大きなフワッフワの牡蠣をどうぞ!(写真だけでスミマセン…。笑)

 

教会がある街の中心部から海へ向かうと、たくさんのレストランが並んでいます。

私が住んでいた当時は、日曜日はすべてのスーパーマーケットがお休みでした。

どの町のレストランも、日曜日はお休みになることが多いのですが、観光地のカンカルやモンサンミッシェルでは、日曜日も変わらず美味しい料理をを食べることができました。

 

家の近所のレストランの牡蠣に一度当たって以来、牡蠣が食べたい時はいつもカンカルへ行っていました。

今思うと、めちゃめちゃ贅沢な話ですよねー( *´艸`)

新鮮でまったく生臭くない、フワッフワの柔らかい牡蠣のあの味が、口いっぱいに広がりそうです!!

 f:id:nabekosaan:20190304141250j:plain

フランスに行かれた時は、ぜひカンカルに行って、一度でいいからこの牡蠣を食べてもらいたい!

そう思えるぐらいに、おすすめです!!大好きなんです!!(*´▽`*)♡

 

ここで、覚えやすいフランス語を…。

Huit huîtres s’il vous plaît.

(ウイットウイットル、シルブプレ:8つの牡蠣をください)

おやじギャグでスンマセン。言うてて自分で震えたわ…( *´艸`)(笑)

 

牡蠣のあとは、ブルターニュ名物のムール貝を♪

日本に帰ってきて思います。

たった一食でどんだけの貝、食べとるねん?と…(笑)

f:id:nabekosaan:20190306072509j:plain

食べたムール貝の殻を手に持って、次のムール貝の身をつまむのがポイントです!

白ワイン蒸しが主流ですが、お店によってはホワイトソース味もあって、私はホワイトソースが大好きでした( *´艸`)

生牡蠣は絶対ですが、ムール貝も、家で料理するのはめんどくさく…。

レストランで食べるのが、すごく楽しみでした。

f:id:nabekosaan:20190304141257j:plain

日本に帰って来た今も、ムール貝はたまに恋しくなりますが、どれもフランスで食べたものと比べると小ぶりです。

 

ムール貝のお供には、もちろんフリット(フライドポテト)がおすすめです。 f:id:nabekosaan:20190304141303j:plain

フランスのスーパーで フリットを買うと、毎回1 kgずつ買うことになるのです。

そしてその感覚はどんどんマヒしてきて、いくらでも食べて良いものだと思うようになってしまうのです…(笑)

今でもポテトが好きすぎて、息子と一緒にモリモリ食べてしまうのですが、ヤバいです。ホンマに…(TOT)(笑)

 

デザートにはブルターニュの 伝統のお菓子、ファーブルトンがおすすめです!

カスタードの生地にレーズンが 入っていて、甘いですがクセになります( *´艸`)f:id:nabekosaan:20190304141310j:plain

写真を見るだけで「あまーい!」と叫びたくなります( *´艸`)(笑)

 

カンカルのスイーツといえば Grain de vanille (グランドバニーユ)が おすすめです

f:id:nabekosaan:20190305124148j:plain

このお店のスイーツは、忘れられない美味しさです!!( *´艸`)

www.instagram.com

可愛いスイーツの写真がいっぱいです!ぜひぜひチェックしてください!( *´艸`)

 

今日のCancale(カンカル)のお散歩はここまでです。

また次回、違う町の写真を並べて、お散歩気分に浸りたいと思います!!

 

フランス旅行はH.I.S.がおすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA