フランス語初心者におすすめしたいテキストと勉強法

今日は「クリスマスツリーを片付ける」という最大のミッションを抱えながら、ブログを書いています。

フランスでは1月の第2日曜のエピファニーあたりまでは、クリスマスのイルミネーションやクリスマスツリーを飾っていても良いと言われています。

日本ではすぐそこにお正月の神様がおられますもんねぇ…。

今日までにクリスマスツリーや息子と作った紙ねんどケーキを片付けないと、鏡餅が飾れません!(笑)

f:id:nabekosaan:20181229134053j:plain

この紙ねんどケーキ、来年も使えます( *´艸`)

 

「英語ができない」というコンプレックスからのスタート

 主人のフランス赴任の打診があった時、まず最初に考えたのが言葉のことでした。

実は、私自身、空港で働いていたことがあるにも関わらず、英語がまったく話せないコンプレックスを抱き続けていたのです。

「なんであの時、真剣に習わんかったんよ?」と大きく後悔しました。

友達に相談したくても、まだ秘密の段階で誰にも言えず…。

フランス語を教えてくれそうな場所を求めて、毎日、仕事が終わると、フラフラととりつかれたかのように街を歩いていました。

 

フランス語教室からおすすめされた本

それまでまったく語学に興味がなかった私は、独学でフランス語をするなんて絶対に無理だと最初からあきらめていました。

だけどこんなにしゃべりたくてブログまで書いてしまう私が、誰とも話さずにフランスで暮らすなんて考えられるはずがなく…(笑)

主人の会社から出る補助金を赴任前に全額使い切る覚悟で、語学学校のカウンセリングに行きました。

 

Webレッスンやプライベートレッスンも受けましたが、まずはグループレッスンに途中から入りました。

クラスメイトの皆さんは英会話に疲れてフランス語を選んでいる方がほとんどで、なんだかとても楽しそうでした。

自分だけ切羽詰まっている感が出ていて、当てられても答えられる気なんてまったくなく…。

「足を引っ張っている」という罪悪感はすごかったのですが、自発的にフランス語をされている人に接することで、自分のモチベーションを保つことができました。

クラスメイトのおねえさんと、レッスン前にカフェで一緒に宿題をさせてもらって、学生時代を思い出したりしながら、楽しいひとときを過ごしたり…。

「誰かと一緒に勉強する」なんて、大人になったらほとんどないですもんねぇ…。

フランス語の勉強方法を悩んでいる方がおられましたら、グループレッスンをおススメします!!

 

そんな私がフランス語を始めたその日から、今まででいちばん大事に何度も読み返しているテキストは、そのグループレッスンで使っていたものなのです。

f:id:nabekosaan:20181230105510j:plain

 

 

いつも持ち歩いていたので、どの本よりもダントツでボロボロになっています。

そして、どの本よりも愛着がある、私にとって、いちばん思い出深い一冊です。

 

フランス語初心者の頃におすすめの勉強法

私がおすすめする「驚くほど身につくフランス語」の本は、それぞれの文法を使ったダイアログがあります。

f:id:nabekosaan:20181230110321j:plain

そのダイアログのCDを通勤や通学の電車や家事をしながらでもいいので、聞いておくのがおすすめです。

私自身、約1時間かけて通勤していたこともあり、iPodに入れておいて、朝の通勤電車でボーっと聞くようにしていました。

聞き始めて1年ぐらいたった頃、ある日突然、ダイアログがすべて文字になって頭に浮かぶようになりました。

文字になって浮かぶようになると単語の意味や文法も理解できてくるようになりました。

それまではチンプンカンプンだったのが、引き出しに少しずつ貯めてきたものがあふれ出すように楽しくなってくるようになるのです。

 

耳が慣れるまで聞き続ける

 

というのが、聞きなれない言語を勉強するためにはいちばん大切なのではないかと感じています。

 

初心者向けのフランス語の会話スピード

英語の本やCDに比べて、種類が少ないのがフランス語を含むその他の言語の特徴だと思います。

本によってはCDの会話のスピードが異常に遅かったり、早かったりとさまざまです。

いろいろ聞いてみた結果、初心者の頃にいちばんすんなりと耳に入って来る会話スピードが、この本のCDでした。

最初は何を言っているかまったくわからないぐらいに、早めに会話が進みます。

ボーっと聞いていたい人には、日本語訳はなくフランス語だけでどんどん進むのがおすすめです。

f:id:nabekosaan:20181230113002j:plain

パソコンを買い替えてから入っていなかったので、これを機にインポートしました!(笑)

 

いつか必ず、フランス語が聞こえるようになる日は来ます

私自身の経験から、何も考えずにフランス語が聞こえるようになってきたのは、フランス語を始めてから1年半ぐらいのことでした。

個人差はあると思いますが、いつか耳が慣れてくる日はやって来ます。

いったん日本語に直す余裕は私の頭には最初からなかったので(笑)、いつも頭の中に文字を思い浮かべて、文字を頭の中で書きながら返事を探していました。

ということは、聞こえるようになりながら、単語や文章を書きまくることが必要になってくるのです。

何度も出てくる単語を書いて、スペルを覚えないと発音できない、それが日本人であり、それがフランス語なのだとも思うのです。

…その話もまたいつか、じっくりと書きたいと思います。

 

と、突然の思いつきで始めたこのブログ…。

2記事目にして2018年のブログ納めになってしまいました。

 

少しずつ上手に書けるように練習していけたらと思いますので、引き続き、来年もよろしくお願いいたします。

それでは、良いお年をお迎えください♪(*´▽`*)

f:id:nabekosaan:20181230114246j:plain

Je vous souhaite de très bonne fêtes de fin d'année!! (ステキな年末になりますように☆)

お問い合わせ  プライバシーポリシー