ミディピレネー(Midi-Pyrénées)地方の町、トゥールーズ (Toulouse)をお散歩

春分の日が過ぎて、暗くなる時間がどんどん遅くなってきました。

これからフランス旅行がいちばん楽しい季節がやってきます。

 

トゥールーズの町をおさんぽ。

今日は、ミディピレネー地方へ旅行した時の写真を載せて、お散歩気分に浸りたいと思います。

トゥールーズ(Toulouse)はフランス南西部、スペインとの国境近くにあるラングドック ルシヨン ミディ ピレネー地域圏の首府です。

 私はフランスの北西部に住んでいたのですが、フランス国内どこへ行くにも、いったんパリを経由した方が便利です。

飛行機ならばパリまで約1時間、そこからならばだいたいどこの街へ行くにも約1~2時間あれば到着します。

 

日本は東京・大阪・名古屋・福岡…と都市が分散しているイメージがあります。

ところが、フランスはパリにすべてが集中しているイメージです。

経済的とも効率的とも言えますが、それこそ、地震がない国の強みだとも思うのです。

 

石造りの教会も、地震がない国の象徴だと思います。

f:id:nabekosaan:20190331220232j:plain

夏になると、みんな外でごはんを食べます。

日本の夏のような湿っぽさはなく、風もあります。

真夏になると暑いですが、朝晩は涼しいので、冷房のない家がほとんどでした。

トゥールーズまで行くと夏は相当暑くなるので、今は冷房があるところも多いかも知れません。

お昼の暑い時間帯は特にですが、休憩をとるお店も多いので、観光する時には気をつけてください。

 

逆に、乾燥と紫外線という、お肌には最高に良くないコンディションになるのです。

先ほども書きましたが、日照時間が長く、夜22時ぐらいまで明るいのです。

夏にフランス旅行をされる方は、必ず紫外線対策や保湿など、お肌には万全の対策をした方が良いと思います。

 

 サンセルナン教会へ…

 トゥールーズの町の中心にあるサンセルナン教会へ…。

f:id:nabekosaan:20190331220235j:plain

 

 

教会では珍しい、とっても丁寧なホームページがあります。

http://www.basilique-saint-sernin.fr/

 

とても大きくて、スペインとの国境が近いことを感じる教会です。

f:id:nabekosaan:20190331220256j:plain

 

私のイメージとしては、細かな配色がある石造りの建造物は、フランス国内でもスペインやイタリアに近い場所に多い気がします。

f:id:nabekosaan:20190331220305j:plain

 

歴史や建造物のことをもっと勉強したいと思いながら帰国して、そのまま忘れていたことを思い出しました。

このブログを書きながら、たくさんのことを勉強していきたいと思います。

 

たくさんの巡礼者を受け入れることができるよう、このとても大きな大聖堂が建設されたそうです。

f:id:nabekosaan:20190331220313j:plain

 

そして、このサンセルナン教会でいちばん印象的だったのが、このパイプオルガン…。

f:id:nabekosaan:20190331220922j:plain

私自身、カトリック信者ではないので、教会では泣いてはいけないと思っていました。

ところが、このパイプオルガンを見て、その音色を聞いた時、感動して泣いてしまいました…。

 

高いところで、とても優しく穏やかな音を奏でるパイプオルガン…。

フランスにいた4年間でいちばん印象に残った、絶対にもう一度聞きに行きたいと思っているパイプオルガンです。

 

そして、すべてフランス語ですが、動画がありました!

www.basilique-saint-sernin.fr

このページの下の方にある、youtubeの再生ボタンをクリックしてお聞きください。

 

こんなに身近に大好きな音を聞くことができて、とても穏やかな気持ちになりました…。

1889年からこの場所にあるそうですが、ひとつずつ持ち上げて、上の階で組み立てたそうです。

たくさんの職人さんに守られて、あの美しい音色に触れることができるのですね。

 

どこから撮れば良いかわからないほど大きなサンセルナン教会、近くに行かれた時はぜひ訪れてみてください。

f:id:nabekosaan:20190331220350j:plain

 

ミディピレネー地方には美味しいものがいっぱい!!

ミディピレネー地方には、写真を見るだけでおなかがすいてくる、ステキな料理がいっぱいなんです!

 

1.スミレのお酒

どのレストランに入っても、アペリティフで出て来ていたのがこのスミレ(violet)の香りがするお酒。
f:id:nabekosaan:20190304141342j:plain

このちょぴーっとだけ入っている雰囲気から、パンチの強さを感じ取っていただけると幸いです…( *´艸`)(笑)

 

2.もちろんワイン♡

ミディ=ピレネー地域圏(Midi-Pyrénées)は、フランス南部のかつて存在した地域圏である。2016年1月1日、ラングドック=ルシヨン地域圏と統合し、ラングドック=ルシヨン=ミディ=ピレネー地域圏となった。

   (Wikipedia:ミディ=ピレネー地域圏 より)

 

ということで、ラングドックと言えばワイン!!

アドセンス合格記念に、ワインの写真も載せちゃいます♡( *´艸`)(笑)

f:id:nabekosaan:20190304141344j:plain

トゥールーズの北東に位置する町、Gaillac(ガイヤック)でできたワイン。

(今、調べて勉強しました。笑)

 

 

先日、グーグルアドセンスの審査に合格しました!

フランスのワインの話を載せて不合格になったとしたら、フランスの人は誰ひとり合格できへんようになると思っていたのですが…(笑)

実は、お酒の写真を極力避けて編集するようにしていました。

後日、「日本人が好きなワインの選び方」について書きたいと思います!

 

3.フォアグラ!!

f:id:nabekosaan:20190304141351j:plain

ラングドックワインを飲みながらのフォアグラ!!( *´艸`)

そう、フォアグラはこのミディピレネー地方の特産です!!

クリスマス前になると、トゥールーズまで買い出しに行くという、フランス人の友達がいました…。

真夜中に車を飛ばしてフォアグラだけを買って、1日かけて帰って来て、みんなに配っていました。

今でもフォアグラの話になると、私はもう、そんな彼女のことしか思い出せません…( *´艸`)(笑)

 

4.カスレ(casoullet)

f:id:nabekosaan:20190304141346j:plain

 めちゃめちゃ濃い味付けだったことだけは、鮮明に覚えています!!(笑)

それがパンチの効いたラングドックワインに合うので、「正解!」なんです…( *´艸`)

 

たまーに恋しくなって食べたくなるので、本を買いました。

 

5.お酒の入ったデザート

f:id:nabekosaan:20190331215316j:plain

どのデザートにもお酒が入っていたのが、ミディピレネーの思い出です♡( *´艸`)

 

実はこの旅行の時の写真がまだまだあるのですが…。

次回はついに、男性名詞と女性名詞について、語ってみようかなーと思ったりしています。

 

それでは、ステキな1日になりますように!Bonne journée!!( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA